MENU

中古車の売却に必要な書類について

中古車の売却には、さまざまな書類が必要になります。車の売却をお願いしたことがない人は、なにを用意すればよいのかわからないでしょう。査定時に必要な書類よりは多くなります。書類を用意できずにあせることのないよう、絶対に必要になるものはあらかじめ手元に用意しておきましょう。

 

「必要書類」
自動車検査証(現住所、氏名が一致していること)
自賠責保険証明書
自動車納税証明書
実印
印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2通)
通帳(振り込み用の口座)
リサイクル券(預託済みの場合)

 

例外として、結婚により性が変わった場合や引越しで住所が変更になっている場合は以下の書類が必要です。

 

戸籍謄本(姓が変更になった場合)
住民票(車検証と現住所が違う場合)
戸籍の附票または住民票の除票(住所変更を複数回経た場合)

 

軽自動車の場合は認印でも可となっている業者もありますが、実印を用意しておけば間違いありませんので、あれば実印を用意しましょう。印鑑登録証明書も発行してもらい、必ず2通用意してもらいます。

 

また、なるべく用意しておいた方が良いのが整備手帳、取扱説明書です。これらがそろっていると査定額にも影響してきますし、業者の人に良い印象を与えることができますので、できれば用意しておくことおおすすめします。

ますはあなたの車が今いくらで売れるか簡単1分チェック!



⇒車買取|10万アップの正攻法へ戻る