MENU

下取り車はその後どうなる?

下取りされた車がその後どのような経緯をたどって市場に出回るのか、ご存知でしょうか?ほとんどの方は「下取りしたお店の店頭に並ぶ」と考えているのではないでしょうか。しかし、それでは新車を扱う店舗では店頭に並べることはできません。中古車販売業者であればそういったケースもなくはないですが、下取りした車のほとんどは「中古車オークション」という業者専門のオークションにかけられ競り落とされています。

 

なぜ下取り車や買取者を中古車オークションで売るのかというと、業者にとってそのほうが利益が出やすいからです。そもそも車の査定額は、中古車オークションの落札価格によって決まっており、下取りや買取をする場合はこの中古車オークションで落札されているか買うよりも低い価格で買い取ります。

 

そうすると、中古車オークションに出した場合に、落札される価格と差額が出ます。この差額が業者の儲けとなりますし、すぐに利益が出やすいのです。車を店頭においておくとそれだけ場所代がかかっていることになります。だから経費がかかります。それならすぐに売ってしまったほうが利益がでるのです。

 

車買取の場合はその後はちょっと違います。オークションに出されることもありますが、自社で販売することもあります。また海外に売られていくこともありますし、部品取り用の車として利用されることもあります。

 

車買取の専門店の得意とする流通ルートにそって売られていくので、その後は多岐にわたります。

ますはあなたの車が今いくらで売れるか簡単1分チェック!



⇒車買取|10万アップの正攻法へ戻る