MENU

車の買取査定に必要な書類について

車を査定してもらう場合には、必ず必要になる書類があります。しかし、査定時には売却時と同じ書類をそろえておく必要はなく、「車検証」と「自賠責保険証書」だけでOKです。

 

車に詳しくない場合これらの書類のことがよくわからないかもしれませんが、どちらも車を購入する場合に必ず必要になるものです。

 

車検に通った車は必ず車検証を渡され、ナンバーや用途、車検日、所有者、仕様車などが記入されています。自賠責保険は強制的に入る保険であり、車を所有している人は必ず入っている保険です。大抵の場合は車の中に置いていると思います。

 

この2つの書類があれば査定時は問題なく査定してもらえます。査定してもらった後は、気に入った業者に買い取りをしてもらいますので、売却時に必要な書類を用意しましょう。

 

売却時には、査定時とは違う書類がかなり必要になります。市区町村役場に出向いて発行してもらう必要のある書類がありますので、なるべく早めに用意します。査定時にはこれら「売却時に必要な書類」まで用意しておいた方が無難かもしれません。

 

特に、引越しを重ねている方は書類が多く必要になります。所有者が死亡している場合や所有者が本人でない場合、所有者がディーラーやクレジット会社の場合は、さらに書類が必要になります。売却時にあわてないよう、必要書類については業者に確認するなどして早めに用意しておきましょう。

ますはあなたの車が今いくらで売れるか簡単1分チェック!



⇒車買取|10万アップの正攻法へ戻る