MENU

車買取査定に影響するポイントを把握しよう

車の買取査定をしてもらう場合、プラス査定・マイナス査定になるポイントがいくつかあります。以下のようなポイントをおさえ、マイナス査定ポイントはなるべく避けておくと査定額が大きく違ってきます。

 

<プラス査定になるポイント>
・事故歴、修理歴がない
・中古車市場で人気が高い
・走行距離が短め(1年間1万キロ程度が理想)
・年式が新しい車(3年以内が最も高いゾーン)
・グレードが人気のグレード
・付属品が純正の付属品(純正付属品が残っている)
・価格が変動しにくい車(軽自動車)
・エコカー減税期間が残っている

 

<マイナス査定になるポイント>
・事故歴、修理歴がある
・中古車市場で人気が低い
・走行距離が多い
・年式が古い車(新車から5年以上)
・純正オプションの付属品がない
・人気の低いグレード
・個性の強いカスタマイズが施されている
・錆びていたり外観が汚い。

 

 

これらがそれぞれプラス・マイナス査定ポイントです。これらのポイントにくわえ、見た目のきれいさや使用感なども査定ポイントに入ってきます。特に事故歴や修理歴がある・ない、走行距離、年式は大きく金額にかかわってきます。

 

中古車の市場で人気が高いかどうかもポイントです。中古車市場での価格は一定ではなく、毎日のように変動していきますので、売却を考えた場合、早めに査定してもらうことをおすすめします。

ますはあなたの車が今いくらで売れるか簡単1分チェック!



⇒車買取|10万アップの正攻法へ戻る