MENU

ローンが残っている車は買取してもらえる?

ローンが残っている車を売ることになったら、いくつかの確認・対処が必要になります。

 

実は車を売却する場合は、車検証の「所有者」欄に記載されている会社や人物の許可が必要です。

 

ローンが残っている場合、車検証の所有者欄は信販会社や販売者の名前・住所が書かれており、「使用者」の欄が乗っている方の名前・住所になっています。これを「所有権留保」といい、このままの状態では勝手に他人への譲渡や売却ができないのです。

 

信販会社や販売店からの許可を得て売却するためには、残りのローンをすべて清算して完済させる必要があります。こうすることで「所有者」の欄が乗っている人の名前に変更することができますので、車を自由に売却できるようになります。

 

どうしても全額一括完済が難しいという場合は、車の買取価格で残りのローンを完済するという方法があります。車の買取業者に依頼して車を買い取ってもらい、買取価格が残りのローンより多ければ完済できる、というわけです。

 

買取の価格が残りのローンよりも少ない場合は、まずは買い取ってもらった額でローンを支払い、支払った残りのローンを新たなローンとして組み替えて支払っていくことができます。

 

これらは、自動車買取業者の「ローン残債サービス」などを利用すると良いでしょう。残再処理に関するすべての処置(名義変更・所有権解除・ローン残債処理)などをすべて代行してくれますので、非常に便利です。

ますはあなたの車が今いくらで売れるか簡単1分チェック!



⇒車買取|10万アップの正攻法へ戻る