下取り 買取 違い

MENU

下取りと買取の本当の違い

下取りと買取は普段あまり違いを感じないかも知れませんが
価格面では大きく違うことがあります。

 

 

基本的にはどちらも自分の車を売ることなのですが、
売る対象が違います。

 

 

下取りとは

下取りとは新車を購入したときにトヨタやホンダのようなディーラーに
それまで乗っていた中古車を引き取ってもらうことです。

 

その下取りの価格を新車の購入代金から引くことで安く新車を購入できることになります。

 

新車の値引き交渉で頑張った後に、さらに下取り代を差し引くことで
もっと大きな額の値引きができたように感じられ満足感を得やすくなってしまいます。

 

実際には買取の場合よりも低い金額で下取りされる場合が多いですが
たいていの方はその事実には気づかないと思います。

 

 

買取とは

次に買取ですが、こちらは買い取ることを専門とした買取業者が車を買取ることです。
こちらの場合には新車の購入などがあるわけではなく、ただ単に中古車を買取りしてもらうことです。

 

買取業者は買取ることが本業です。
つまり買取りしないと本業が成り立ちません。

 

ディーラーは新車を売ることが本業なので下取りはあくまでサービスの一環です。

 

だから本気度が違うんです。
買取り業者はなんとしてもあなたの車がほしいので値上げ交渉にも応じてくれる可能性が高いですし
はじめから高額査定を出してくれます。

 

 

 

こういったことから一般的に下取りよりも買取の方が高額で売れるといわれています。

 

しかもこのサイトで紹介している方法を使えばその差はちょっとではなく、
かなり大きな違いになる可能性が高いです。

 

10万円程度高額になることならよくありますし、
場合によっては60万円以上の差になることもあります。

 

 

ほんの少しの違いでこれだけ変わるならやったほうがお得ですよね。

ますはあなたの車が今いくらで売れるか簡単1分チェック!



⇒車買取|10万アップの正攻法へ戻る