MENU

車買取の出張査定は雨の日がお得なの?

ネットの一括見積りで買取業者を決めたら、次の流れは出張査定になります。

 

一括見積では実際に車を見ていないので基本的には概算見積もりになります。その後に出張査定で現物確認して正式見積もりという流れになります。

 

この出張査定の時は雨の方がよいという噂があったりしますが本当なのでしょうか?そもそも雨の日に合わせること自体が難しいので、参考程度に読んでいただければと思います。

 

車の査定士は車の状態を確認して、その車の価格を判断していきます。その時に雨だと、表面が水でコーティングされた状態になり傷などがわかりにくくなります。また、スレ感のある車の場合にも濡れることでわかりにくくなります。

 

こういう理由から雨の日の方が査定額が上がりやすいなんていう噂が立っています。

 

逆に反対の噂もあります。それはこんな感じです。

 

査定士はプロです。買取した後に乾かしてみると傷だらけだったということになると上司から怒られるでしょう。そういうこともあり、雨の日のほうがしっかりと査定されます。

 

細かいところまで確認されるので査定が下がる可能性があります。

 

さて、どちらも本当のように感じてしまいますが正解は上の方です。雨の日の方が査定額は高くなる可能性があります。

 

というのも下の方の噂は業者側が発信している情報なのです。きれいな方が細かいところまで確認できるのは当たりまえです。だからよく見える晴れた日の方がいいと業者は言っているのです。なので晴れた日に査定をして喜ぶのは査定士さんだけです。

 

これは夜にも当てはまります。昼よりも夜のほうが見えにくくなるので、査定には適しています。また洗車も同様です。洗ったほうがいいという情報を書いているところもありますが、洗って得するのは査定士さんだけです。

 

臭いはとったほうがいいですが、洗車はしないほうがいいのです。

出張査定は誠実に対応しよう

出張査定の時に質問されたことに関しては嘘をつかず、誠実に対応しましょう。

 

査定に影響しそうなことを質問されるとなんとなく黙っておきたい気分になることもあるかと思いますが、査定士は事故歴やペットの乗車、タバコの有無などについて基本的に分かっています。

 

だから嘘をついてもバレてしまいます。

 

逆に不誠実な人だという印象を与えてしまい、より詳しく細かいところまで減点されていく可能性もあります。査定士も人間だから誠実に対応してくれる人には多少上乗せした査定額を出してくれたりするものです。

 

価格交渉のときにも、感情的なやりとりをするのではなく穏やかな口調で交渉をするのがポイントです。その上でしっかりと価格を下げる交渉をしていきましょう。

ますはあなたの車が今いくらで売れるか簡単1分チェック!



⇒車買取|10万アップの正攻法へ戻る